「耳をすませば」実写化!キャストに賛否両論?聖司役・高橋一生の出演は?




 

ジブリ作品の中でもファンの多い『耳をすませば』が実写化ということですが、実力のある役者さんがキャスティグされたこともありTwitterでトレンド入りするなど、注目を集めています。

撮影は2月中旬にスタートし、3月にクランクアップ予定。公開は2020年9月18日より全国にて。とても楽しみですね!

 

1995年にスタジオジブリのアニメ映画化で話題を集め、青春恋愛ストーリーの名作となった映画を、どのようなカタチで実写化されるのか、期待とは裏腹に複雑な声も上がっています…

なぜでしょうか??

実写映画「耳をすませば」で「天沢聖司」を演じるが松坂桃李さんです。アニメ主人公のビジュアル的にはかなり似ている印象を受けますが…

実は、スタジオジブリのアニメ映画で「天沢聖司」の声を担当したのが、当時14歳だった今話題の俳優、高橋一生さんだったんですね。

ちまたでは、そこに異論をとなえ、シンプルに高橋一生さんでもよかったのではと話題になってます。

そこで、「耳をすませば」の実写映画化に対するツイッター反応をまとめてみました。




 

「耳をすませば」聖司役:高橋一生さん派

 

 

 

「耳をすませば」聖司役:松坂桃李さん派

 




 

「耳をすませば」実写映画化にキャスト情報

月島雫 役 10年後(現在):清野菜名さん

映画『耳をすませば』で、月島雫を演じることになりました。

誰もが大好きな名作『耳をすませば』の世界に雫として存在出来ること、とても嬉しく光栄に思っております。あれから10年。

雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています。

コメント引用

 

天沢聖司 役 10年後(現在):松坂桃李さん

『耳をすませば』はアニメーション映画で何度も見た作品です。学生生活の日常にある歯痒さや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。

あの物語の“その後”を想像した方もいらっしゃるのではないでしょうか。僕もそうでした。月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることを嬉しく思います。

平川監督とは初主演の作品『ツナグ』でガチガチに緊張していた僕にムチを打ちながら支えてくださった方。監督のお陰で走りきることができました。

その平川監督ともう一度組む事ができる喜びと緊張感を噛み締めながら、撮影に臨みたいと思います。

コメント引用

 

「耳をすませば」実写映画化 気になる主演以外のキャストは?

耳をすませば実写映画版の主演を務めるのは清野菜名さんと松坂桃李さんです。

原作の世界観を忠実に再現する“あの頃”(過去)と、オリジナルストーリーである10年後(現在)を描いていきます。

清野菜名さんは出版社で児童小説の編集者になった24歳の雫。

松坂桃李さんは夢を追い続けて海外で暮らす聖司役。

その他のキャストは現段階ではわかりませんでしたが、アニメ登場人物の詳細をまとめておきます。今後、誰が務めるのか気になるところです!!随時分かり次第更新していきますね!!

 

西司朗(にし しろう) 役は誰?

聖司の母方の祖父。杉の宮の丘の上にアトリエを構え、アンティーク・ショップ「地球屋」の経営している。クラシック家具の修理・販売をする傍ら、ヴァイオリン教室を開いたり音楽仲間とモダンジャズの演奏に興じたりしている趣味人。聖司と雫の良き理解者で、聖司のイタリア行きを支持し、雫が書いた物語の最初の読者となる。

月島靖也(つきしま せいや) 役は誰?

雫の父親。生活のために市立図書館で司書として働いているが、本業は一文にもならない郷土史研究家で、家の中ではワープロに向かって著述にいそしんでいる。早々と子離れを宣言し、娘たちには滅多に口は出さない。しかし、要所では理解のある父親として決断力を示し、高校受験が迫っている雫が打ち込んでいること(物語を書くこと)を最後までやり通すことを許可した。

月島朝子(つきしま あさこ) 役は誰?

雫の母親。子育てが一段落したことを機に自身の勉学を再開させ、社会人学生として某大学の大学院に通っている。夫と娘たちの協力の下、家事と勉学の両立に奮闘中で、修士論文の作成にいそしんでいる。靖也と同様に娘たちには口を出さないが、全くの無関心というわけではなく、雫の様子の変化には気づいている。

月島汐(つきしま しほ) 役は誰?

雫の姉。月島家の長女で大学1年生。しっかり者で行動力があり、スポーツ好きの美人。生活力も旺盛で、大学院に通う母に変わって月島家の家事を取り仕切っている。そのため、読書に夢中で家事が疎かになりがちな雫に何かと指図をしては煙たがられている。雫と進路を巡って対立するが、最終的には理解を示す。大学に通う傍らアルバイトにも精を出し、作中後半には独立している。

ムーン (猫)

雫を「地球屋」に導いた謎のデブ猫。「ムーン」という名前は聖司が付けたものだが、特に飼い主がいるわけでもなくあちこちを渡り歩いているため、「お玉」、「ムタ」など他にも幾つかの呼び名がある。一人で電車に乗ることもでき、行く先々で犬をからかっている。雫が書いた物語の中では、テントウムシ型の飛行機に乗る悪役になっていた。
バロン 地球屋に飾られている猫の人形。正しくはフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵で、”バロン”は通称。西司朗がドイツ留学中の青年時代に町のカフェから譲り受けたが、戦争が迫っていたため、西とともにドイツを去った彼は恋人である貴婦人の猫の人形と離ればなれになってしまった。長く西司朗に大切にされてきたが、雫にも気に入られ、彼女が書いた物語「耳をすませば」の主人公のモデルとなる。

杉村(すぎむら)  役は誰?

雫の同級生。野球部でレギュラーを務めるスポーツ少年。恋愛面には疎く、自身に対する夕子の好意に気づくことができなかった。雫とは幼馴染で軽口を言い合う仲であったが、密かに彼女に対して想いを抱いており、神社で告白するものの振られてしまう。エンディングでは夕子と交際を開始したような描写がある。

原田夕子(はらだ ゆうこ) 役は誰?

雫の同級生。思春期の女の子らしくソバカスを気にしている。雫とは親友同士で、コーラス部の後輩のために「カントリー・ロード」の訳詞を依頼したり、お互いに恋の悩みを打ち明けあっている。杉村に対して好意を抱いているが、気弱な性格のため告白できないでいる。しかし、エンディングでは杉村と交際を開始したような描写がある。