桑原茉萌(シンディ)バーレスクダンサー時代の衝撃動画!?やめた理由はトラブル!?月収100万越えも!

バチェラー,桑原茉萌,シンディ,インフルエンサー,バーレスク,ダンサー

バチェラー4インフルエンサー、シンディこと桑原茉萌(くわばら まほ)さんはバーレスク東京のNo1ダンサーだったって本当?

当時はどんな顔で、どんな衣装で踊っていたの?

シンディの人気や稼ぎはどれくらい?

そもそもバーレスク東京ってどんな場所?

ダンサーとして働こうと思ったきっかけや辞めた理由も気になる!

ということで、

この記事では桑原茉萌(シンディ)さんのバーレスク時代について、とことん掘下げてまとめていきます!

この記事を読んでわかること
・バーレスク東京について
・バーレスク東京時代の桑原茉萌(シンディ)のプロフィール
・バーレスク東京時代の動画や画像
・バーレスク東京に入った理由と辞めた理由
・バーレスク東京時代の稼ぎや収入について

先ず、気になる桑原茉萌(シンディ)さんのバーレスク時代の動画がこちら!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=f4IiZYTL5cM

桑原茉萌(シンディ)はバーレスク東京のダンサーだった!

桑原茉萌(シンディ)さんは、2019年4月1日からバーレスク東京のダンサーとして働いていたということで、

・バーレスク東京について
・バーレスク東京時代の顔画像とプロフィール
・ダンサー動画

などについてまとめていきます。

そもそもバーレスク東京ってどんなとこ?

バーレスク東京とは魅惑のショータイム〜千年先も語り続けられる感動に〜をコンセプトに掲げたバーレスクダンスを堪能する場所です。

お酒を飲んだりしながらショーを見るといった感じです。

このサイトから予約をとったり、最新の情報をチェックしたりする事ができます。

主な料金(ネット予約)としては、

・ノーマルプラン:5500円(1DRINK+SHOW)
・ど迫力プラン:6500人円(1DRINK+SHOW+10Rion+光る棒)
・女子会プラン:4000円(1DRINK+SHOW+光る棒)
・推しプラン:7500円(1DRINK+SHOW+推しのキャストが予約席側のみ出演)

となっています。

詳しく知りたい方はご紹介した公式サイトをご覧ください。

バーレスク東京|ダンサー時代のプロフィール!

  • 名前:桑原茉萌(くわはら まほ)
  • 愛称:シンディ
  • 生年月日:1997年6月19日
  • バーレスク東京に入った年齢:21歳(2019年4月〜)
  • 身長:158㎝

桑原茉萌(シンディ)さんはキャバ嬢からバーレスク東京のダンサーに転職しましたが、ダンスに関しては未経験でした。

容姿が良ければできる仕事ではなくダンススキルも求められます。

桑原茉萌(シンディ)さんはセンターになる為、たくさんの練習をした事だと思います。

・肌の露出が多いので体型の維持
・ほぼ毎回ヒールで踊るのでヒールへの慣れ
・ダンスのスキルアップ
・お客様は推しが作れるのでそこでのお客様獲得への努力

上記のような事をバーレスク東京で働く際は、真剣に取り組む必要があります。

華やかな世界ほど裏側がハードな事がうかがえますね!

バーレスク東京|ダンサー時代の顔画像は?

桑原茉萌(シンディ)さんは、バーレスク東京のダンサー時代どんな顔をしていたのか気になりますよね。

Instagramにダンサー時代の画像がいくつか載っていますのでご紹介します。

どれも華やかでとっても桑原茉萌(シンディ)さんに似合っていますね!

やはり肌の露出が多いので体型を崩すわけにはいかない職業です。

バーレスク東京|ダンサー時代の動画は?

ダンサーをやっていたと聞いてしまったら、ダンスをしているシーンが見たくなりますよね。

桑原茉萌(シンディ)さんが踊っている動画を調べてみました!

バーレスクへ訪れたお客様は、自分の携帯でショータイムの撮影をしていいようでファンの方があげている動画がいくつかあります!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=SmEuFbSt4rI

こちらの動画は2020年6月27日に公開された桑原茉萌(シンディ)さんのバースデーイベントの動画です。

ダンスをしている姿はなんの違和感もなく初心者だとは思えません!

全体的に結構本格的なダンスを皆さんされていて、レベルの高さに驚きました。

他にもYouTubeで「シンディ バーレスク」と検索すると動画は出てくるので気になる方はチェックしてみてください!

ちなみに桑原茉萌(シンディ)さんは容姿も素敵ですが、声もとっても可愛らしいので聞いてみてください!

桑原茉萌(シンディ)のバーレスク東京ダンサー時代の人気は?

桑原茉萌(シンディ)さんはバーレスク東京時代、どれくらいの人気があったのでしょうか?

桑原茉萌(シンディ)さんはバーレスク東京に入り1週間でセンターに抜擢されています。

キャバ嬢で既に人気を得ていたので、そのお客様も込みで最初から人気が高かったということです。

Twitterでファンのコメントを見てみると、

・初対面だったけどちゃんと目を見て対応してくれるところが人気の秘訣かなぁと。
・バーレスクで話したけど謙虚で可愛らしい子だったし、また話したい!
・優しく話しかけてくれてサイン、ツーショットもしてくれてとても楽しかった!

などなど1回会うだけで桑原茉萌(シンディ)さんの虜になっています。

また桑原茉萌(シンディ)さんは2019年7月4日のオリコンニュースのインタビューの中で、

・お休みの日はお客様の名前を覚えたりSNSをあげたりしている
・普段は仕事の後深夜〜早朝までダンスの練習をしている
・バスガイド時代に培った接客と愛嬌でファンを増やしたい

出典:https://www.oricon.co.jp/special/53280/

このように語っていました。

このような日々の努力があっての人気は納得です!

桑原茉萌(シンディ)がバーレスク東京ダンサーになった理由は?

桑原茉萌(シンディ)さんはバーレスク東京では異例のスカウトで入っています。

すでにバーレスク東京で人気を博していたRioさんから直接スカウトされ、キャバ嬢からの転職を決心しました。

・元々ミュージカルが好きな事
・桑原茉萌(シンディ)さんのお爺さまが可愛いから将来はアイドルだなと言ってくれていたこと
・憧れの芸能界にこのお店なら近づけるかも

これらもバーレスク東京に入った理由の1つになったと桑原茉萌(シンディ)さんは語っています。

ちなみにバーレスク東京には毎月100名ほどの応募があるそうです。

そんな狭き門の中スカウトをされた桑原茉萌(シンディ)さんは本当にすごいですよね!

桑原茉萌(シンディ)がバーレスク東京のダンサーを辞めた理由は?

1週間でセンターに抜擢され、驚くほどの努力をしてお客様たちの人気をほしいままにしてきた桑原茉萌(シンディ)さん。

順調にキャリアを積んでいくのかと思いきや、2年ほどでバーレスク東京を辞めてしまいました。

その理由ははっきりとは語られていません。

しかしコロナ禍になりショーがあまりできなくなった事もあるかもしれませんね。

そして桑原茉萌(シンディ)さんのTwitterに気になるツイートがありました。

この内容を見ると運営側と何か問題が起きたのでは?と感じます。

桑原茉萌(シンディ)さんへのプレゼントは紛失。食べ物はネズミに?

これは本当だとしたらお店の衛生にも関わる大変な出来事です。

何よりもこれはプレゼントを持って来たお客様への冒涜です!

このような事が本当であるのなら辞めたくなる理由も分かります。

桑原茉萌(シンディ)さんは、憧れのRioさんや、他の一緒に働いたダンサーの印象を守る為、多くは語らなかったのでしょうか?

これが理由なのか定かではありませんが、運営側と何かあったことは間違いなさそうです。

バーレスク東京ダンサーの給料は?チップで稼げる?

桑原茉萌(シンディ)さんの働いていたバーレスク東京は給料が高いのでしょうか?

バーレスク東京の時給はズバリ2000円〜です。

時給が上がるタイミングや方法は分かりませんでした。

しかしダンサーとして働く時給以外に給料を増やす方法がバーレスク東京にはありました。

バーレスク東京ではRionと呼ばれるバーレスク東京内で使えるチップがあります。

このRionは10枚組で1000円です。

このRionを推しのダンサーに渡す事ができるのでやはり人気は給料にも直結します。

直接推しの衣装に入れる事もできるので、たくさんもらえた人は見た目ですぐ分かります。

この画像の奥に少し写っている女性はあまりRionが水着から見えていないので、桑原茉萌(シンディ)さんはチップが多いことが分かります。

高額のRionを渡す場合は特殊な演出があります。

・200、300Rionをあげる場合は専用バケツがある
・500Rionあげる場合は風船の中に500Rionが入った物があり、それをステージ上で割られる

他にも書いてはありませんが推しに名前を覚えてもらえたり、近くに来てくれたりなどの特典はあるのではないでしょうか。

桑原茉萌(シンディ)さんもバケツを抱えた画像をいくつか投稿していました。

最初の画像で計算してみると1Rion=100円なので計算すると、

  • 200Rion×5=10万円
  • 300Rion=3万円
  • 1000Rion=10万円
  • 100Rion×15=15万円

全てを足すと38万円となります‼︎

時給とは別でこれだけのチップをもらえたら相当稼げますね。

このチップは全てもらったダンサーのものになると言われていますが、2ちゃんねるなどでは実際は4割程度しかもらえないなどと言っている人もいました。

こちらの真偽については分かりませんでした。

桑原茉萌(シンディ)さんの給料は3桁‼︎

桑原茉萌(シンディ)さんはチップと時給2000円を合わせて一体いくらもらっていたのかとっても気になります。

結論から言うと、桑原茉萌(シンディ)さんは週6日計算で約400万円程度もらっていたと思われます!

バーレスク東京は月〜日で18:30〜0:30までの営業時間です。

お店自体のお休みはないようですが週6で出勤し、始まる1時間前から準備をして1日7時間で計算をすると、

2000円×7時間=14000円×6日間=84000円

1週間84000円×4週間=336000円

これに1日平均20万円のチップをもらえたと仮定すると1週間で120万円です。

120万円×4週間=360万円

これに時給2000の給料を足すと約400万円になります‼︎

これはすごい額ですね…。

桑原茉萌(シンディ)さんと同じくらいの年齢の女性の年収程度を1ヶ月で稼いでいたようです。

もちろん簡単にこの額を稼げるわけではありませんが夢の給料です!

まとめ│桑原茉萌(シンディ)のバーレスク東京での月収は300万円以上!

桑原茉萌,シンディ,バーレスク,ダンサー

この記事では【桑原茉萌(シンディ)バーレスクダンサー時代の衝撃動画!?やめた理由はトラブル!?月収100万越え!】と題して、シンディのバーレスク東京時代について徹底リサーチしました。

桑原茉萌(シンディ)さんのバーレスク時代について分かったことをまとめると、

・バーレスク東京とは女性がバーレスクダンスをするショーを見る場所
・シンディが実際に踊っている姿はYouTubeにたくさんある
・入って1週間でセンターに抜擢され努力も惜しまなかった
・異例のスカウトでバーレスク東京に入った
・バーレスク東京の運営とうまくいかずに辞めてしまった説が濃厚
・月に約400万円前後の給料だったと思われる

桑原茉萌(シンディ)さんのバーレスク東京のダンサー時代の給料やチップについて深掘りしました。

まだ20代前半で若いのに稼ぎがすごくてびっくりしました!

バチェラーでバーレスク時代のダンスを披露などするのでしょうか?

黄皓さんへのアピールで踊る可能性もあるかもしれないので要チェックです!