田中みな実が超絶ボディと話題!30万部超、初写真集はなぜ売れた?




フリーアナウンサーの田中みな実さん、2019年12月13日に発売したファースト写真集『Sincerely yours…』が2019年末の話題を独占しています。

田中みな実さんの写真集が、なぜここまで売れたのか調査してみました!




田中みな実さんのプロフィール・略歴・写真集について

田中みな実 プロフィール

名前 田中みな実(たなか みなみ)
生年月日 1986年11月23日
出身地 埼玉県朝霞市
星座 いて座
血液型 A型
最終学歴 青山学院大学

 

田中みな実 略歴

TBSテレビへ入社し、アナウンサーに。『サンデージャポン』などの人気番組を担当した。2014年に同局を退社しフリーに転身。MCの仕事をしながら仕事のフィールドを広げ、女優としてドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)にも出演するなど活躍中。

 

田中みな実 写真集『Sincerely yours…』

田中みな実写真集『Sincerely yours…』(宝島社)が019年12月13日発売。全カット、スペイン・バルセロナにて2019年秋に撮影。田舎町のガウディ建築の別宅や、中心地の旧市街、世界遺産、ビーチなど美しい景色や自然の中、すっぴんも公開。無邪気な笑顔、32歳(撮影当時)の色気を感じさせるショットまで、贅沢に詰まった一冊。




田中みな実さんに注目が集まった理由 セルフプロデュース

田中みな実さんの外見の美しさと本当のキャラクターが浸透

田中みな実さんはどんなときも自分の気持ちに嘘偽りのない、まっすぐで正直なキャラクターが同性からも支持されている

“あざとい”と語られることの多い田中みな実さんですが、あざとさを否定するのではなく、そういう態度を取らざるを得ない女性の立場を代弁するコメントも目立つ。

田中みな実さんが大人数の飲み会に行かない理由について次のように語りSNSで共感を呼んだ。

「行くと、その場しのぎのホステスさんみたいになってしまう。そういう自分が好きじゃない」

 

田中みな実さんの美に対する意識に共感

田中みな実さんは自分のコンプレックスと向き合いファッションや美容、ボディメイクに関しても、理想を追求して常に努力し続けている人です。

そんな田中みな実さんの姿に共感し、徐々に女性ファンからの指示が上がっている。

いまやファッション誌でも引っ張りだこの存在で、ジム通いや美容にかけるストイックさはInstagramでも見せています。

こうした女性人気に加え、胸を大胆に露出させたカットやランジェリー姿など、品がありながらもセクシーな体は男性も釘付けにしてしてます

 

田中みな実さんに注目が集まった理由 プロモーション

田中みな実さん、写真集発売にあたり期間限定インスタグラム開設

発売からの短期間でフォロワー150万人を突破。

当初の宣言では12月いっぱいの期間限定ではじめ、最初は編集者さんに任せるつもりが、結局毎日自分で考えてアップしているという。

写真集からの大胆なカット、普段の表情、共演した芸能人たちの楽しげな様子などツボをついた投稿で、フォロワーは毎日数万人単位で増加しています。

さらに投稿のたびにスポーツ紙やウェブメディアが記事化しており、いまや田中みな実のニュースを見ない日はないといって過言ではない。

田中みな実さんの最初で最後の写真集という希少性も相まって

 

田中みな実さんはご自身の写真集について、次のように話しています。

特に大きな決意があるわけでも、何かの区切りというわけでもなくて、今の自分を残していただいたという感覚。

ただ、ちゃんと時間をかけて自分と向き合い、年齢に見合った最高の状態で臨めたと思っているので、この写真集は私の誇りです。

 

お尻のトレーニングを頑張ったのでお尻と、お肌のリアルな質感を残してもらったから、そこも感じていただければと思います。

ニップレスなどを見えないように消す作業はしても、肌や色の修整はほぼしていません。だから鼻の頭の毛穴や赤みだってそのままだし、感情が込み上げて思わず泣いちゃった時の写真も、ファンデーションの涙の筋を全部そのまま残してる。その崩れた感じにも臨場感があって、きっとよりドラマティックに伝わるだろうな、って思ったんです。もちろん美しく修整してもらえた方がいいけどそれって本当じゃないし、面白くないかなって。33歳になればここは見せたくない…って思うところも出てくるけど、だからこそ、年相応ながらボディラインもお肌も、最高の状態でありたいと思ったんです。

タイトルの『Sincerely yours…』は、英語で“敬具”という意味なんですが、私からみなさんへ、近況報告を綴った手紙のように捉えていただければ、と。そうそう、このタイトルの書体、納得するものが見つからなくてカリグラフィーの先生を紹介してもらってレッスンを受けて、自分で書いたんですよ。

 

田中みな実さんに注目が集まった理由 ターゲット

田中みな実さんの写真集は女性読者をターゲットにした

男性ファンに特化するなら、水着になった場合にいわゆる“グラビアアイドル”的なセクシーな路線を突き詰めるでしょうが、その場合、購買層は固定男性ファンのみになってしまいます。

写真集の売り上げを今の時代で伸ばすなら、女性ファンに一人でも多く買ってもらうことが必要になります。

男性ファンを意識した「エロ」や「ドギツイ感じのセクシー」は封印。

水着やランジェリーショットなどで肌の露出を増やしても女性目線で見たときに「ああ、キレイ、美しい」と思わせることが必要。要は憧れられる存在ということですね。

田中みな実さんのリアリティーに女性読者が共感

田中さんは33歳なので、今回の写真集で掲載されている水着姿もランジェリー姿も、乃木坂46あたりと比べるとどうしても“ピチピチ感”に欠けるきらいはないではない。

しかし、それを補正せずそのまま載せることによって、33歳ならではのリアリティーを生み出し、女性読者のハートをわしづかみにしている。内容面でのそうした部分も、ヒットの要因かと思います。

 

 

“非ヌード写真集”の歴代記録としては、

2017年2月に発売された『白石麻衣写真集 パスポート』(講談社)が、累計発行部数37万部を記録。

今をときめく乃木坂46のエースに肉薄しているわけですから、田中みな実さんの人気は本物といっても過言ではありません。

ちなみにヌード写真集では、18歳の宮沢りえさんを篠山紀信さんが撮り下ろした『Santa Fe』(1991年、朝日出版社)が累計165万部の大ベストセラー。

さすがにこの記録を破るところまではいかないでしょうが、もしも今の田中みな実がヌードに挑んだら……もしかすると、芸能史に残るこの大記録を塗り替えるかもしれません…!