台風10号2020進路予想!気象機関5社の最新情報を比較

台風10号(ハイシェン)が9月1日21時に発生しました!

日本に接近するのはいつ頃か?
そもそも日本に上陸するのか?

今後の台風10号(ハイシェン)の進路が気になります!

大手気象機関5社、

ウェザーニュース
日本気象協会
気象庁
米軍合同台風警報センター
ヨーロッパ中期予報センター

の台風10号の最新進路予想に関して比較してみました!

気になる日本接近・上陸はいつなのか?日本のどの地域が危険なのか調べましたので参考にしてみてください!

台風10号2020進路予想!日本接近・上陸はいつ?

現在(9月1日21時)の台風10号(ハイシェン)の現在地は、
小笠原近海にあり、南西へ毎時10kmで進んでいる様子!

現時点での日本に接近・上陸予想は9月6日20時頃のようですね! 警戒が必要ですね!

それでは台風10号(ハイシェン)2020の進路予想に関して、大手気象機関6社はどのように伝えているのでしょか?

台風10号2020進路予想【ウェザーニュース】

引用:weathernews

台風10号(ハイシェン)は小笠原近海を西南西に進んでいます。今後は週末にかけて本州の南へゆっくりと北上しながら発達を続ける見込みです。現在、日本の南の海面水温は過去最高になっており、かなり発達して日本列島に向かうおそれがあります。6日(日)には、過去最強クラスで日本列島に接近・上陸となるおそれもあり、最悪のケースを想定して、あらかじめ台風への備えを行うようにして下さい。ハイシェン:中国の言葉で「海の神」

引用:weathernews


ウェザーニュースの台風10号(ハイシェン)2020の進路予想は、9月6日(日)に過去最強クラスで日本列島に接近・上陸し、甚大な台風災害のおそれがあると伝えています!

台風10号2020進路予想【日本気象協会】

引用:日本気象協会 tenki.jp

台風第10号が1日21時に発生しました。台風第10号は、1日21時現在、小笠原近海にあって、南西へ毎時10kmで進んでいます。中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。この台風は、発達しながら3日21時には沖ノ鳥島近海、4日21時には日本の南、5日21時には南大東島近海、6日21時には西日本に達するでしょう。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風の進路にあたる海域は猛烈なしけに厳重な警戒が必要です。

引用:日本気象協会 tenki.jp


日本気象協会の台風10号(ハイシェン)2020の進路予想は、


9月3日21時に沖ノ鳥島近海、
9月4日21時に日本の南、
9月5日21時に南大東島近海、
9月6日21時には西日本に達すると伝えています!

台風10号2020進路予想【気象庁】

気象庁の観測によりますと、1日午後9時、小笠原近海で熱帯低気圧が台風10号に変わりました。
中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心から半径220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風は1時間に10キロの速さで南西へ進んでいます。
気象庁によりますと、台風は今後、発達しながら次第に進路を北寄りに変え、5日土曜日から6日日曜日ごろにかけて暴風域を伴って非常に強い勢力で西日本や沖縄・奄美に近づくと予想されています。
気象庁は今後の台風の情報に注意するよう呼びかけています。

引用:気象庁発表 NHK報道


気象庁の台風10号(ハイシェン)2020の進路予想は、発達しながら次第に進路を北寄りに変え、

9月5日土曜日から9月6日日曜日ごろにかけて暴風域を伴って非常に強い勢力で西日本や沖縄・奄美に近づくとNHKが伝えています!

台風10号2020進路予想【米軍合同台風警報センター】

引用:HUFFPOST

そもそも、米軍合同台風警報センター(JTWC)とは何ぞやというところですが、

アメリカのハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関で、このツールはもともと米軍のためのものですが、一般人でもアクセスすることができます!

参考までに米軍合同台風警報センター(JTWC)の最新の予想では、今後発生が予想される台風10号は日本の南海上で急速に発達し、6日(日)には最大瞬間風速75メートルという猛烈な勢力に発達しつつ、西日本の南海上に近づいてくる計算です。
これはあくまでも参考ではありますが、もしこの勢力で西日本へ近づいてくるならば、今回沖縄に近づいた台風9号よりも勢力が強いこととなり、非常に危険度の高い台風襲来となります。

引用:yahooニュース


米軍合同台風警報センター(JTWC)の台風10号(ハイシェン)2020の進路予想は、日本の南海上で急速に発達し、

9月6日(日)には最大瞬間風速75メートルという猛烈な勢力に発達しつつ、西日本の南海上に近づいてくる計算のようです!

しかも、この勢力で西日本へ近づいてくると、今回沖縄に近づいた台風9号よりも勢力が強いこととなり、非常に危険度の高い台風襲来となるようです!

台風10号2020進路予想【ヨーロッパ中期予報センター】

そもそも、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)とは何ぞやというところですが、

世界一の数値予報精度と言われているスーパーコンピューターによる天気予報になります!

スーパーコンピューターによる数値予報ということは、天気予報の精度の確立が高いのではないかと思いますが、「中期予報センター」とあるように大まかな天気の傾向を知りたい時に参考になる予報機関です!

ちなみにヨーロッパ中期予報センターは主に10日先の予報になるので、細かい部分はハズレます。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新の予想では、やはり日本の南海上で顕著に発達しながら、6日(日)から7日(月)にかけて、かなりの勢力で西日本付近を北上する計算です。

引用:yahooニュース


ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の台風10号(ハイシェン)2020の進路予想は、

9月6日(日)から7日(月)にかけて、かなりの勢力で西日本付近を北上する計算のようですね!

まとめ | 台風10号2020進路予想!

この記事では【最新】台風10号2020の進路予想!気象機関5社の比較と題して、

ウェザーニュース、日本気象協会、気象庁、米軍合同台風警報センター、ヨーロッパ中期予報センターの台風10号の進路予想に関して比較してみました!


今のところ9月6日から7日にかけて、九州地方、四国地方、中国地方、近畿地方の西日本を中心に接近・上陸が予想されます!


今後の台風情報に注意が必要ですね!