新郎が結婚式で着るタキシードは本当のタキシードではなかった!

突然ですが、結婚式で新郎が着る婚礼タキシードを少し思い浮かべてみてください…

 

色んなデザインがあり、カラーひとつとっても、ホワイトやシルバー、ブラック、ネイビーなど、実は様々な種類が存在しているのがわかりますよね。

これってどういうことだろう?って考えてみました。

 

フォーマルの知識がある人であれば、タキシードのカラーってブラックかミッドナイトブルーでしょ!って思いますよね。しかしながら、日本の結婚式の現場ではドレスコードはあまり意識されていないのが実情なんですね。

そもそも結婚式でドレスコードを着用しなければならいという規則はありません。ですが、一般的にセレモニーの場とされる結婚式ではフォーマルな服装が求めらることは確かです。

本当だったら時間帯がいつだから、正礼装にあたる衣裳はこれかな?とか、

午前中の挙式だから、タキシードは望ましくないかな?とか、

色々と悩むところではありますが…

結論、そんなことに囚われず、自由な発想で失礼のない衣裳を選ぶ。ただそれだけでいいのです。ただし、理解していてほしいことは自分が選んだ衣装がどこに属するかということです。恥をかく前に、知ることか大切です。




 

新郎が結婚式で着るタキシードは本当のタキシードではなかった

理由その一:タキシードはそもそも『ブラックタイ』と呼ばれるドレスコードだから

ドレスコードにおいてタキシードは、夜の正礼装とされるテールコート(燕尾服)に対し、略式の準礼装とされています。また、テールコート=『ホワイトタイ』に対し、タキシード=『ブラックタイ』と呼ばれ、夕方から夜にかかるパーティなどで着られるグローバルスタンダードな装いです。

つまり、テールコートの『ホワイトタイ』とタキシードの『ブラックタイ』は蝶ネクタイのカラーを指していて、その蝶ネクタイを基準にして、装いが確立されているということがわかります。

理由その二:タキシードには決められた定義があるから

デザインの特徴は、拝絹付きの衿型でシングルのショールカラーまたは、ピークトラペル1つ釦が一般的でダブルブレストも可。色はブラックまたはミッドナイトブルーとされています。

タキシードの定義や正しい着こなし方は次回以降のブログで詳しく解説していきますが、簡単な紹介だけでもわかるように、ドレスコードというのは一定のルールが存在するということです。

つまり、このタキシードの定義にあてはまらない服装はタキシードではないという結論になります。

結婚式はセレモニーの場ではあるが、ドレスコード着用義務はない

洋装での結婚式が日本に浸透し始めた70年代からすでに50年近くの時が経ち、結婚式のスタイルも様々に多様化しました。格式の高いホテルウェディングや貸し切りのゲストハウス、レストラン、最近では場所を決めず行うオリジナルウェディングなんていうスタイルも存在します。

多様化したウェディングスタイルに合わせて、その場に適した装いをすることがフォーマルの根本的な考え方です。結婚式はドレスコードを着用するという義務ではなく、あくまでもフォーマルを演出するための目安としてドレスコードを選択するということになります。

だから新郎が着る婚礼衣装は種類がとにかく豊富で、様々な衣装が70年代から着られてきました。つまり、現代の婚礼シーンにおいては、タキシードでもフロックコートでもテールコートでもいい!という結論になります。

まとめ

ドレスコードのタキシードには厳密なルールある。このルールにあてはまらない衣装はタキシードではない。

着丈の長いロングデザインやシルバーやホワイトなど、一般的に日本の結婚式でよく見かける、タキシードと呼ばれている衣装は婚礼衣装というくくりになります。間違ってもドレスコードを求められる式典で着用することは控えましょう。

結婚式で着る新郎のタキシードは婚礼衣装の観点からいえば、モーニングコート、テールコート、フロックコート、タキシード、全てひっくるめてタキシードと総称で呼ぶことでブライダル業界が分かりやすくしているのでしょう。いろんな呼び方があると混乱してしまいますし…。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です