【新郎必見タキシードとスーツの格式の差】見た目の違いについて解説

一見すると似たように見えるタキシードとスーツですが、そこには圧倒的な格式の差があり、見た目の違いがあることを知ってますか?

フォーマルのドレコードを理解し、男性の洋装に関して知識をしっかりお持ちの方には愚問ではありますが…、

日本の洋装に対しての服飾文化は我々が思っている以上に浸透していないのが実情です。そもそもスーツですらしっかり理解をして着こなせている男性がどれくらいいるのか?

タキシードとスーツの違いを理解するには、先ずそれぞれの価値観がどこにあるかを認識し、その認識を改めなければわからないのかもしれません。

ただ、一つだけ自身を持って言えることは、結婚式で新郎がタキシードを着るということは花嫁がウェディングドレスに心躍らせるように、男性にとっても同様に気分が高揚するということです。

日常で着ることかできない、特別な時にしか着ることが許されない特別な服装であることは間違いないでしょう。それだけもスーツとは圧倒的な差、違いがあるように感じます。




 

フォーマルとインフォーマルの意味

フォーマル(正礼装)とはセミフォーマル(準礼装)を含む正式な場で着ることがルール化された服装表現です。

そのフォーマルの反対語として『インフォーマル』という表現がありますが、『インフォーマル』とは『非公式なこと』『略式であること』を意味します。堅苦しい雰囲気がなく、形式ばらないさまを表します。

また、広い意味では公式ではなくプライベート的な要素を含む『私的な』という意味を持ち、さらに『日常の』『普段の』といったニュアンスも持ち合わせる言葉です。

インフォーマルな服装とは『略礼服』『平服』を意味します。男性なら一般的にスーツにネクタイが基本となります。

タキシードとスーツのディテールから見える違い

スーツとは、2種類以上の上衣と下衣が共地で出来た洋服である。

タキシードとは、男性の礼装の1種で、上衣と下衣が共地だが、上衣の襟には光沢のある拝絹をあしらい、下衣には側章が入っており、また共地のベストもしくは拝絹と共地のカマーバンドがセットアップされており、襟元には蝶ネクタイをあしらう洋服である。

このように簡略な説明でも、これだけ細かい規定があるのがタキシードに比べ、スーツの方が幅広いくくりで着られる服装です。

タキシードを着ることで意識が変わる

フォーマルで最も大切なことは、その場にふさわしい服装であるか考えること。そのきっかけをつくるのがタキシードを着るということです。

普段のスーツ、ビジネスシーンの延長でフォーマルを考えるのではなく、

相手のため、ゲストのため、どんな目的で、どのような集いなのか、主観ではなく客観で捉えることができると、自然と紳士的な立ち居振る舞いができるようになります。

 

タキシードとスーツの差は格式・見た目の違いはもちろんことですが、

なによりも着る人の人となりが顕著に表れる服装ではないでしょうか。だからこそオトナの男性であれば、しっかりと押さえておきたい服装術となります。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です