紅白歌合戦でストーンズとスノーマンが歌う曲は?歌い継がれる名曲!




日本の年末風物詩「第70回NHK紅白歌合戦」(午後7時15分)、ジャニー喜多川さんへ届け!

SixTONES(ストーンズ)・Snow Man(スノーマン)率いるジャニーズJr. が紅白の舞台でスペシャルパフォーマンスを披露するということで話題になっています。

ストーンズとスノーマンは、2020年1月22日に同時デビューする次世代ジャニーズグループです。

 

まだメジャーデビューをしていないグループが紅白に出てしまってよいのか…

という物議を交わしていますが、何はともあれそれだけ世の中で注目を集めている証拠ということです!

そこで、「第70回NHK紅白歌合戦」で披露するパフォーマンスの中で歌われる予定の曲について、

どんな曲なのか気になったので調べてみました!




紅白でストーンズとスノーマンが歌う曲は「Let’s Go To Earth」「Let’s Go to Tokyo」

NHKのサイトから一部引用すると、次のように記載がありました!

ジャニー喜多川さんは、東京オリンピック・パラリンピックをとても楽しみにしていたといいます。

世界各地からアスリートはじめ多くの人が東京に集う、夢の、そして平和の祭典・・・ご自身の目で見ることは叶いませんでしたが、夢や希望、そして平和にみちあふれる“2020年の東京の姿”を思い描いた舞台を、ジャニーさんはプロデュースしていました。

そこで今回、そうした思いの詰まったミュージカルの中で歌われる「Let’s Go To Earth」、「Let’s Go to Tokyo」を、ストーンズ・スノーマン率いるジャニーズJr.がパフォーマンスします。

ジャニーさんの思いを受け継いだ、夢と希望にあふれるシーンを紅白の舞台からお届けします!

 

どうやら、「Let’s Go To Earth」という曲を歌うようです。

でも、この曲はストーンズとスノーマンの曲?なのでしょうか。

 

調べてみると、どうやらストーンズとスノーマンの曲ではないようで、

ジャニー喜多川さんがプロデュースしたミュージカルの舞台で、定番として歌われている曲ということがわかりました。

 

「Let’s Go To Tokyo」は、世界平和への願いを込めた「Let’s Go To Earth」のアレンジとして、2020年の東京オリンピックを見据えた曲です。

舞台 JOHNNYS’ World -ジャニーズ・ワールドって?

『JOHNNYS’ World -ジャニーズ・ワールド-』(ジャニーズ・ワールド)は、ジャニー喜多川が作・構成・演出を手がけ、2012年に初演された日本のミュージカル作品

通称「ジャニワ」。

ジャニーズ事務所所属タレントが多数出演し、歌、ダンス、マジック、フライング、アクロバットなどのショーを通して「日本の素晴らしさ」や「平和の尊さ」を伝えようとしています。

タイトルを変えながら毎年上演されており、『ジャニーズ・アイランド』と名称を変えてからは「地球の尊さ」や「平和への希求」、「子供たちの無限の可能性」がテーマとなっています。

Let’s Go To Earthの歌詞を書き起こし

LET’S GO TO EARTH
青く輝く あの星へ帰ろう
Our place of birth
美しい地球はかけがえない僕の故郷(ふるさと)
緑の木々 七色の虹
朝陽が照らす空 君の笑顔
懐かしい景色が心に
蘇るよ I see our beautiful all
涙こぼれ 咲かすだろう
希望という名の花
LET’S GO TO EARTH
青く輝く あの星へ帰ろう
Our place of birth
美しい地球はかけがえない僕の故郷(ふるさと)
LET’S GO TO EARTH
まだ見ぬ明日へ 今恐れず進もう
願いを一つに集めて さあ未来へ光を照らそう
Go back to EARTH
遠く輝く あの星で生きよう
光が世界を包んで きらめいてるThis is our wonderful world
LET’S GO TO EARTH
青く輝く あの星へ帰ろう
Our place of birth
美しい地球はかけがえない僕のふるさと
LET’S GO TO EARTH
まだ見ぬ明日へ 今恐れず進もう
願いを一つに集めて さあ未来へ光を照らそう
LET’S GO TO EARTH
まだ見ぬ明日へ 今恐れず進もう
願いを一つに集めて さあ未来へ光を照らそう
LET’S GO TO EARTH
I feel it calling for me
so white I see the bright light of hope
Our place of birth
So many dreams shining on you
Always deep in my heart
This is our wonderful world
Our wonderful world

実際に聞いてみると確かにいい曲です!

ジャニー喜多川さんの想いが詰まった、ジャニーズを表現する歌ということでしょう。これからも色んな場所で、色んなグループによって歌い継がれる名曲です。

 

ジャニー喜多川さんは、東京オリンピック・パラリンピックをとても楽しみにしていたといいます。

世界各地からアスリートはじめ多くの人が東京に集う、夢の、そして平和の祭典…ご自身の目で見ることは叶いませんでしたが、夢や希望、そして平和にみちあふれる「2020年の東京の姿」を思い描いた舞台を、ジャニーさんはプロデュースしていました。

そんな想いを受け継いだストーンズとスノーマンは、紅白の舞台でどのようなパフォーマンスを披露するのか楽しみです!

 

今回は紅白歌合戦でストーンズとスノーマンが歌う曲「Let’s Go To Earth」について調べてみました。一般的に世の中に知られていない名曲がまだまだありそうですね!