ぺこぱの否定しないツッコミ!ノリツッコまない漫才でM1決勝進出




漫才日本一を決めるM1グランプリ2019。

過去最多エントリー5040組となった今回。激戦を勝ち抜き、決勝までコマを進めたのは、インディアンス、ミルクボーイ、オズワルド、見取り図、かまいたち、ぺこぱ、からし蓮根、すゑひろがりず、ニューヨークの9組と敗者復活の和牛を含めた10組。

見取り図、かまいたち、和牛以外の7組が決勝初出場というフレッシュな顔ぶれとなりました。

この中で新しいツッコミのカタチを披露した『ぺこぱ』とは、どんなコンビなのでしょうか。




●ミルクボーイのM1決勝ネタ『コーンフレーク』偏見ツッコミフレーズ

 

『ぺこぱ』の簡易プロフィール

(写真左)シュウペイ(しゅうぺい)
出身地:神奈川県
生年月日:1987年7月16日
血液型 :A型
サイズ :身長180cm 体重70kg
趣味:サッカー・FC東京・川崎フロンターレ

(写真右) 松陰寺 太勇(しょういんじ たいゆう)
出身地:山口県
生年月日:1983年11月9日
血液型:O型
サイズ:身長170cm 体重70kg
趣味:野球・千葉ロッテマリーンズ

実はぺこぱの2019年は超激動だった

ぺこぱは『おもしろ荘』で優勝を果たすが、所属事務所のオスカープロモーションお笑い部門閉鎖により、一時フリーランスに。

これからというときに所属先がなくなったぺこぱ。

そこに救いの手を差しのべたのは先輩芸人のカンニング竹山さんだった。AbemaTVで放送された『カンニング竹山の土曜The NIGHT』で共演した竹山さんが、放送中に「うちに入れ」とサンミュージック入りを打診。後に正式にサンミュージック所属となる。

ボケ全肯定のノリツッコまない漫才とは

『ノリツッコまない漫才』で令和最初のM1グランプリに爪痕を残しました。

ぺこぱは決勝で『ノリツッコまない漫才』を披露。ジュンペイさんのボケに対し、従来のように否定したり激しく叩いたりするのではなく、ツッコミの松陰寺さんが受け入れてポジティブに返す芸風に注目が集まります。

M1グランプリ15代目王者はミルクボーイとなりましたが、ぺこぱの漫才にはSNSで好意的な声が多く寄せられています。

 

 

誰も傷つけない、否定しない笑い!

ツッコミを理性で自制するジェントルマンスタイル!

これからの時代に絶対的に必要な笑いだ!

相手を否定しないツッコミが生まれたエピソードは、相方に「おかしいだろ」ってツッコむとすごく寂しそうな顔をしていたからと明かしています。
この新しいスタイルのツッコミは令和の時代にどのようにマッチしていくでしょうか。これから楽しみな芸人さんです。